『神的なものであれ、悪性のものであれ、まず人々の心にかすかな吐息のように降りくだり、それからその思想や思考を変えてしまう』

人が理性を見失う瞬間を
「天使の囁き」にも
「悪魔の囁き」にも例え
抗えない力があると表現された言葉です。

1897年(明治30年)ウィリアム・バトラー・イェイツ博士により発刊され た『The SECRET ROSE・神秘の薔薇』では、男女間に芽生える『情感』(ムード)について解明しようと試行錯誤された様子が伺えます。

季節
天候
明るさ・暗さ
温度・湿度
周囲の雑音・静寂
流れている音楽
声の抑揚・高さ・低さ
沈黙
香り
料理
脈拍・血圧
瞳孔の開きかた
服装
室内・屋外環境
距離

どのような条件が重なると、ムードが発生するのか?

あらゆる組み合わせを試されたと察せられますが、ムードが発生する明確な理由は解明できませんでした。

博士は
「天使の囁き」
「悪魔の囁き」
と、説明するしかなかったとのだと思われます。

現代における1ヶ月の変化は14世紀における100年に等しいと言われています。
科学技術が進歩し、ムードを数値化して解明できる時代はすぐそこまでやって来ています。
先の実験も、周波数の計測や、(心身に強いストレスを受けると萎縮する胸腺など)臓器に関する解剖学の分野でなら詳しいデータが取れていたかもしれません。

「彼は今、不機嫌だからLINE送るのやめとこう」
「今日は彼の体調いいので、食事に誘ってみよう」
「彼は今、落ち込んでるからそっとしとこう」
「私の片想いだった」

ムードを読めるシステムが、スマホ以降の媒体で近い将来完備されるかもしれません。
『以心伝心』ではなく、いわゆる『以心電信』と形容される時代の到来です。

「魔術とは究極のテクノロジーである」と解明されて久しくなります。

しかし
余計な気を使わなくて済むぶん、『想像力』は鈍感になり『言葉にして伝える能力』は、断然味気なくなるのではないでしょうか。

相手のムードを察知できるように心をめぐらせる過程で、私たちの『想像力』は自然と磨かれていたのです。
『想像力』を磨いて
心のセンサーで相手を見つめたとき
言葉は選ばれる。
言葉を選んだうえで、言葉が無力になることを知る。
そこで沈黙の尊さにも気づく。

心の領域のムードを合理的に処理することができれば
失恋も
人間関係の失敗も
未然に防ぐことができます。
無用に心を消耗する必要もなくなります。

そうなると
芸術の分野の
音楽
絵画
舞踏

文学など
表現が綿密で繊細な、心のひだを読み取ろうとする作品は、新たに生まれてこない可能性があります。

タロットも
「彼は、私のことをどう思っていますか?」
という質問自体が無意味になります。

タロットはAIに代わり役目を終えるときが来るでしょう。
その日が来るならば、それはそれで喜ばしいことだと、私は本気で考えています。

それならば
『以心電信』の
もう少し先の未来まで
「天使の囁き」
「悪魔の囁き」らが
おり降るムードを
タロットで読める時間を大切にできたらと思うのです。

そして、私は
あえて
沈黙の尊さを知るのです。

 

『The SECRET ROSE・神秘の薔薇』1897年 表紙
William Butler Yeats(黄金の夜明け団1890年-1923年在籍・教団名:Demonest Deus Inversus「悪魔は裏返された神」)
1923年ノーベル文学賞受賞

『図解 近代魔術』吉村正和:河出書房新社