「自分は仕事で頑張れるのは

それはただ単に、つき合ってる女の人に

『素敵』

『すごいわ』と褒められたいからなだけ」

幻冬舎を創立された見城徹氏のお言葉です。

 

不特定多数の大勢の人から賞賛を浴びるより、賞与や地位よりも

「たった一人の誰かに認めてもらいたい」

人を動かすエネルギーは

とてもシンプルなことだと思える言葉です。

 

私達の周りにも

「先輩と同じ大学に行きたいから受験勉強を頑張る」

「ファッション誌のモデルになりたいから東京の大学に行く」

「彼と一緒に国体に出場したいから練習を頑張る」

「卒業から30年以上が経過して、不可能だと思えた同窓会を開催する」など

誰かの

何かの存在があるからこそ

ふだんの力以上のエネルギーを発揮することができ、願いを叶えた人達がいます。

 

その

何かを叶えたい

何かが欲しいは

『欲望』から派生しています。

タロットの『欲望』を意味する札は

本能・欲求

活力

創造力

向上心

克服

情熱

執着・こだわり

精力

性欲

パイオニア精神

生産性など

それをエネルギーとして、人類は進歩していると告げています。

 

しかし、私達は

『欲望』の過剰な側面に囚われて

傲慢

驕慢

自慢

慢心

快楽

享楽に溺れてしまうことも知っています。

このことから

『欲望』は

他者に求めるのではなく

自分自身を追求するためのエネルギーに使うことができればと、私は考えるのです。

 

自分自身を追求するとは

ささやかな日常の積み重ねの連続。

どんな大きな功績を残した人でも

一朝一夕に何かを成し遂げたわけではなく

未熟な第一歩があったはずです。

見城徹氏もまた、編集者としてひとつの言葉にこだわるところから出発されたのだと想像するのです。

 

「たった一人の誰かに認めてもらいたい」

その誰かに

「相応しい自分になりたい」

「薫陶を授かりたい」

「その人の目で世界を見てみたい」

尊敬の念があれば

その一途な思いは

私達に

「昨日よりは今日」

「今日よりは明日」と成長をもたらせてくれるでしょう。

そして

その誰かとは

目の前に実在する人物ではなく

過去の恋人であったり

ご逝去されたご家族だったり

歴史上の人物であったり

漫画の登場人物だったり

アイドルだったり

相手はあなたの存在を知らない人かもしれません。

 

それでも

今日一日を頑張ったあなたは素晴らしい。

削除され、陽の目を見ることのない膨大な文字数が編集者を育てるように

誰にも知られず

見えないところで心を尽くす

あなたにこそ

私は賞賛をお贈りしたいです。

 

「たった一人の誰かに認めてもらいたい」

あなたのその想いは

いつか誰かに届くと信じています。

 

https://yoshiyama-tansu.com/